【腹筋革命】ぽっこりお腹解消には逆腹筋で体を反るのが最新!

運動

TV番組の【林先生の初耳学】で紹介された最新の筋トレをご紹介いたします。
ぽっこりお腹に効果大の筋トレで 逆腹筋で体を反る というものです。
一般的に筋トレというと、つらくて苦しいイメージですが
この 逆腹筋は体を反る だけなので、筋トレにつきもののつらさも苦しさもありません。
でも、2週間続けた結果は効果バツグンでした!

スポンサーリンク

驚愕の効果!

番組では2つのグループに分けて効果を検証しました。

① 通常の腹筋運動をするグループ(逆腹筋はやらない)
② 逆腹筋運動をするグループ

2週間運動を行い、効果の検証をします。

結果・・・

① 通常の腹筋運動をするグループ(逆腹筋はやらない)→平均ウエスト-2.6cm
② 逆腹筋運動をするグループ            →平均ウエスト-5.6cm

なんと 逆腹筋をするグループのほうに大きな効果が出た結果となりました。

ビックリ!ですよね!

なぜ、逆腹筋でこのような効果が出るのか?

ではなぜ、体を反らせるだけの逆腹筋でこのような効果が出るのでしょうか?

番組での解説によると
通常の腹筋運動では【腹直筋】という体の正面にある筋肉を鍛える運動ですが、
逆腹筋運動では、体を反るために体を支えなければならず、【腹横筋】などの
インナーマッスルを鍛えることになりお腹全体を自然に鍛えお肉が落ちてくる
とのことらしいです。

確かに 言われてみれば納得できますね。

逆腹筋をやってみよう!

では、早速逆腹筋をやって見ましょう!

①両足を肩幅に開く。
②両足の指を床から浮かせる。
③両手で頭を支えて上体を後ろに反らせる。
このとき、若干体重をかかと側に寄せて、お腹に力が加わる感じでバランスをとってください
④5秒キープして元に戻る。

1日10回を3セット行いましょう。

逆腹筋の注意点と効果を爆上げするコツとは?

逆腹筋の注意点として最大なのは

腰を反りすぎない』ことです。

お腹を伸ばそうと後ろに反りますが、反りすぎて腰を痛めては何にもなりませんね。
動作自体が簡単なので安易に動作しがちですが、ポイントをしっかり意識して
自身の体に問いかけながら動作しましょう。

逆腹筋の効果を爆上げするコツですが

お腹に力を入れる』ことです。

これによって、先ほどの反りすぎも改善していきます。
お腹に力を入れて反るとあまり後ろに行きませんし、しっかりお腹が伸びているのを
確認できます。

あと、もう一つは両足のつま先を くいっと上に向けて動作をするです。
これはかかとに体重がのるのを実感できます。

実際は『後ろに反る』というよりも『若干後ろ気味にノビをする』というイメージで
動作をしましょう。

まとめ

やり方はすごく簡単ですね。
いわゆる筋トレみたいに苦しくないし・・・

場所もとらず、少しの空き時間でできるので気楽にやりましょう。
あとは、やり続けることですよ!

がんばりましょう!

スポンサーリンク

 

 

 

コメント