炭酸風呂で血管老化防止!簡単に自宅で作る方法と炭酸風呂の効果効能は?

健康

年齢を重ねていくと食事や運動不足に気をつけていても血管は老化していきます。
この血管の老化は動脈硬化等の要因のひとつにもなっています。

最近は食事の欧米化が進み、純粋な日本食がなくなっていっています。
その影響か、若い世代でも血管の老化が進んでいるそうです。
そんな血管ですが、炭酸風呂で血管の老化予防が期待できるそうです。
その他、いろんな効果効能が期待されているそうなので
早速調べてみました!

スポンサーリンク

炭酸風呂の効果効能は?

炭酸の効果により血行がよくなり血管の弾力性が改善され老化防止につながるとのことです。
①血行促進
②疲労回復
③肩こり・腰痛の改善
④動脈硬化の改善
⑤便秘解消
⑥保湿で美肌効果

なんといっても1番は血行促進です。この効果が大きいですよね。

血流が改善されれば冷え性も改善が期待できますね。
上記6点はいずれも血行促進がもたらす効果効能といえると思います。

炭酸風呂の作り方

自宅で簡単にできますので是非やってみてくださいね。

用意するものは・・・
①重曹      大さじ3杯
②クエン酸    大さじ2杯

塩も入れる方法もあるようですが、特には必要ないと思います。
重曹もクエン酸も種類がありますが、必ず食用以上のものを使用してください。

通常通り沸かしたお風呂の湯船に上記材料を入れるだけです。

ただし、重曹の変わりに炭酸ソーダやセスキソーダを使用しないでください。

炭酸風呂の入浴方法

効率よく効果を得るために下記3点に留意して入浴しましょう!
①温度は37~38度くらい
熱い温度だと炭酸がすぐ抜けてしまいます。
熱いと古い皮膚が取れすぎて、低いと取れないということです。
②湯船につかる時間は10分~15分
③週に2~3回の炭酸入浴
毎日炭酸風呂の入浴する必要はありません。
古い皮膚が取れて、きれいな皮膚までとれてしまうことがあるようです。

入浴前には緑茶をコップ1杯、入浴後には炭酸水を1杯飲むと
より効果が上がるようですよ。

足湯もおすすめ!

冷え性の改善に期待できる足湯もおすすめです。
①重曹   10g
②クエン酸  8g

上記材料を洗面器に入れたお湯に入れよく溶かしてください。
10分ほど足を入れてあたためてください。

その他の注意

①炭酸風呂の残り湯を洗濯に使用するにはやめましょう。
弱酸性の性質がありますので、生地等を傷めてしまうかもしれません。
②循環式お風呂の場合は追い炊き禁止
③十分な換気を行ってください。

まとめ

自宅で簡単に炭酸風呂ができることを今回初めてしりました。
とっても手軽にできて、しかも経済的!
血行促進は体の元から元気にします。
適度に炭酸入浴して元から美しく元気でいましょう!

スポンサーリンク

 

コメント