すぐに使える風呂掃除の正しいやり方と手順と頻度!今すぐチェック!

生活
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

家族が毎日使うお風呂場。

いつもピカピカだと気持ちが良いですよね。

ただ水回りの掃除って結構面倒

しかも掃除をこまめにやっているつもりでもカビがすぐに生えてしまう!とお悩みの方も多いのでは?

そこで今回は知っているようで実は間違っているかもしれない!?

正しい風呂掃除の方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

風呂掃除の基本的な手順と方法とは?

風呂場には汚れがたまるポイントがたくさんありますよね。

その場所によって汚れの種類も変わってくるもの。

ですから微妙に掃除の仕方も変えるのが基本です。

 

まず一番最初に洗うのは浴槽です

ここは洗剤を使ってスポンジなどで洗うのですが入浴後すぐに洗うのが大切

汚れが落ちやすいです。

できれば毎日お湯を張って流した後にささっと洗うのを習慣化するのが良いでしょう。

ついでに壁、床なんかもさっと毎日お湯をかけると飛び散った石鹸のあとなどがよく取れます。

ただしお湯だけではカビが生えやすいので、床や壁は定期的にしっかりブラシで磨きます

床には洗剤に加え重曹がおすすめ

振りかけてティッシュやラップなどでパック状態にし、しばらくして洗い流すとピカピカになります。

 

次に汚れが溜まりやすい排水溝

髪の毛などのゴミをとったらカビハイターなどを吹きかけしばらくしたら洗い流します。

ここはアカなどで詰まりが起きやすいのでパイプユニッシュなども月に1度は行う必要があります。

 

最後は見落しがちな鏡です

鏡はクエン酸を水で割って作ったクエン酸を吹きかけるのが一番効果的です。

他には洗面器や風呂の椅子なども細かい部分にカビができている可能性が高いので要注意です。

カビキラーなどをしっかりふりかけてカビを撃退しましょう。

ちなみに天井は掃除をしない人も多いのですが実はよくみるとカビがびっしり…なんていうこともあります。

手が届かずどうすれば良いかわからないという場合には、クイックルワイパーなどで水拭きすると随分綺麗になります。

このように風呂の掃除は特別なものはあまり必要ではなくこれといったコツというのもありません。

ただ言えるのはまとめてやるより定期的に行うこと。

そうすることでカビが取れないくらいになる前にしっかり落とすことができるのです。

風呂掃除ってどのくらいでするべき?掃除が楽になる裏技

毎日のこまめな掃除が大事だと説明しましたが、本格的な掃除に関してはどのくらいのペースで行うべきなのかというとだいたい1週間に1度程度でしょうか。

ちょっと少ないように感じるかもしれませんが、毎日風呂上りにしっかり皮脂などを落としていればこのくらいでも十分風呂場を綺麗に保てます。

 

それでもちょっと心配という人はプラスで知っておいて欲しい裏技があります。

それは冷水シャワー

やり方は簡単で先ほど風呂上がりに全体をお湯で洗い流すのが効果的と言いましたがその後に冷水をさっと全体にかけるのです。

そうすることでカビが好む温度に保たれるのを防ぎます。

 

次にマスキングテープを使った裏技です。

マスキングテープは100円ショップやホームセンター、雑貨屋さんなどでよく見かけますがこれをゴムパッキン部分に貼っていきます。

そして汚れが溜まってきたと思ったら貼り直すだけ。

わざわざゴムパッキンに溜まったカビをカビハイターなどにつけおいたり、磨く手間が省けます。

真っ白の無地のものであれば風呂場でも目立たず意外と馴染んでくれるのでおすすめ。

べんりなのでぜひためしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

風呂場を綺麗に保つには日々の心がけが大切です。

溜まってしまった汚れに悪戦苦闘するよりその方が随分楽なはずですよ。

常に浴室を綺麗にしておけばいざ人に風呂場を覗かれても、誰かが急にお泊りなんていうときでも慌てなくてすみますね。

こびりついて汚れが取れない!なんていうことのないように気をつけていきましょう!

 

 

コメント