腹直筋を刺激して引き締まったお腹をつくろう!

運動

年齢を重ねれば重ねるほど見た目が一番変わる部位と言えば・・・
お腹】ですよね。
社会の出たころは、スリムで華奢な体型だったのに
いつのまにか お腹が出っ張ってきて、ベルトの上に乗っかる状態に・・・

『貫禄が出ていいじゃないか!』って言ってる(思ってる)そこの あ・な・た

危険ですよ!内臓脂肪が溜まりにたまってあらゆる病気になりやすい状態
になっています。腹筋運動『クランチ』をすぐに行いましょう!
生活習慣病はもちろんですが、もっと重大な病気が潜んでいる可能性も0ではありません。お腹が出てくる原因は、腹筋力が弱まってきて内臓が下に下がってきているからです。これはすぐになんとかしたいですね。

それにね、まず見た目がカッコ悪いじゃないですか!
やっぱりいくつになってもカッコいいのがいい!

腹筋運動を習慣化して凹ましましょう。

スポンサーリンク

クランチのやり方

基本の腹筋運動で 腹直筋の筋肉を呼び起こしましょう!

①仰向けに横になり、足を肩幅に開き膝を立て、両手を頭の後ろで組み
頭と肩を床から少し上げた状態からスタートです。

②息を吐きながらへそを覗き込むように背中を丸めるイメージで状態を
起こしていきます。
(上体すべてを起こす必要はありません。肩甲骨が床から離れたらOKです)

③一番キツイと感じるところで1秒キープ。

④息を吸いながら元の位置へ戻る。

10~15回x3セット

クランチの注意点

この腹筋運動の動き自体に難しいところは無いと思いますが
最初から一気にシャカシャカやっては意味がありません。
特に注意してほしいのは

①呼吸を止めない。

②組んだ両手で上体を起こさない。

③ゆっくり行う。

疲れてくるとどうしても両手で起こしてしまいがちです。
これを防ぐために、
手の平を裏返して組んでみたり、そもそも組まないで耳の後ろに添えるだけ。
そんな感じでやってみてください。

とにかく、必ずお腹の筋肉を意識して、お腹の筋肉を動かし使う。

これを行いましょう。

あと、足を動かさないように意識しましょう!
どうしても動いてしまうっていう方は、足を椅子や台の上に乗せて足を固定っていう
やり方もあります。
でも、こちらのやり方の方が固定している分だけ負荷がかかりやすく
よりお腹の筋肉を意識できるっていう利点もあります。

両方試してみて、よりご自身に合ったほうを継続していきましょう!

 

noripon
noripon

がんばろう!

 

コメント