スクワットで下半身を引締める!効率的に代謝アップでダイエット!

運動

50代に入ってくると、ちょっとした段差に躓いたり
階段の上りがかなりキツく感じたり、すぐ疲れを感じるようになりませんか?
これって、やはり筋力の衰えではないかと・・・
若いころは全く感じていないけど、近頃ふとしたことで転ぶことが
すご~く増えてきました。
先日は近所の公園の階段で見事に躓き、一回転してきれいな受け身を
とっていました。

足がきちんと上がっていなかったんですね。
痛感しました。

スクワットで鍛えましょう!

スポンサーリンク

自重筋トレの基本!スクワット

日常でもスポーツでも最も酷使しているのは、股関節と膝関節って言われています。
なので、必然的にこの周りには筋肉が集まっています。
下半身には筋肉全体の3分の2(約70~80%)が集約しているといわれています。下半身を鍛えて強化するとエネルギー効率も上がり、燃焼もグンとあがります。

スクワットのやり方

①両足を肩幅に開いて立ち、両腕を肩の高さでまっすぐ前へのばす。

②背筋を伸ばして胸を張る。

③若干体重を後ろにかけながら、太ももが床と並行になるくらいまで
まっすぐしゃがむ。

④元に戻る。

10~15回x3セット

動作は上記のように非常に簡単です。

ハーフスクワットでもOK

本来、太ももを床と並行になるまでしゃがみますが
最初からはキツいと感じる方もいらっしゃると思います。
そんな方にはハーフスクワットをオススメします。

動きは通常のスクワットと変わりませんが
しゃがんだ時の太ももの位置が床と並行までいかず
45度位の位置で行うものです。
これだと負荷は少なくて済みますので、ここから始めて徐々に通常へと
移行してみましょう。

 

スクワットの注意点

これだけ動きが簡単なスクワット
簡単なだけにキチンと動作を確認しながら行いましょう!

①しゃがんだ時につま先から膝が出ないようにする。

②前屈みすぎないようにする。

③呼吸は止めない。

④つま先と膝の向きは一緒。

以上をふまえて、ゆっくり行いましょう!

スクワットの効果

 

いろんなスクワットがありますが、
基本のスクワットに先ずは取り組みましょう!

スクワットの効果として代表的なのは
①基本的な体力が向上し、疲れにくくなる。

②足やお尻が引き締まり、全体にシャープにみえる。

③エネルギー燃焼効率が上がり、ダイエット効果アップ。

道具も要らず、広い場所も必要なし。

どこでもできるスクワットはオススメの自重筋トレです。

 

コメント