熱中症かも!あまり知られていない頭痛や下痢の症状の予防と対策は?

健康

暑い暑い日々が続いていると必ず熱中症の危険がすぐ隣にやってきます。
気温だけでなく、湿度が高くても熱中症になるんです。
代表的な熱中症の症状にはめまい・吐き気・立ちくらみ・筋肉の硬直などですが
頭痛や下痢の症状もあるそうです。

夏風邪かなと思っていても、実は熱中症だったなんてことが多々あるそうです。
実は私、この熱中症による頭痛や下痢に毎年やられています。

今回は熱中症の予防や対策・対処方法や対策を探ってみました。

スポンサーリンク

熱中症の原因とその症状は?

熱中症はたくさんの汗をかき、カラダの水分や塩分が減少して体温調整が効かなくなって
しまったことによって起こる体の不良の諸症状のことで、原因は大きく3つ。
・体温の上昇
・脱水
・ミネラルの不足(特に塩分)
気温や湿度、風の有無、日差しの強さなども多大に影響します。

症状は様々ですが、3段階に分けられるそうです。
初等症・・・めまい、立ちくらみ、吐き気、大量の発汗、筋肉痛、筋肉の硬直(こむら返り)など
      →その場で対応可能
中等症・・・頭痛、下痢、嘔吐、脱力感など
      →医療機関の受診が必要
重等症・・・全身の痙攣・意識や反応の低下など
      →入院や集中治療が必要

特に乳幼児・小児、高齢者などはかかりやすく気づいていないことが多いので注意が必要です。

熱中症になってしまった時の対処方法は?

熱中症になってしまった時や熱中症かなと思ったときは
決して無理をしてはいけません。無理をして重症化してしまう場合があるからです。
頭痛や下痢に限らず、熱中症の応急処置は下記の通りです。

①直射日光を避ける
②日陰で風通しの良い場所や冷房の効いた場所へ移動する
③ベルトなど体を締め付けているものを緩める
④太い血管がある場所を冷やす(首の両側、左右の脇の下、足の付け根)
⑤水分と塩分を摂取する
⑥十分に休息をとる

上記は初等症(軽症)の場合の応急処置です。
改善しない場合は迷わず医療機関を受診しましょう。

頭痛の場合は中等症になるので、医療機関を受診しましょう。
残念ながら頭痛薬はあまり効果がありません。

下痢の場合は汗をかいたことで水を一気に飲み、腸が水を吸収しきれず便が水っぽくなってしまいます。
一気に水分を摂取しがちですが、少しづつこまめに摂取しましょう。

水分補給と塩分補給に適した飲み物や食べ物は?

一般的に熱中症対策の飲み物といえば麦茶やルイボスティー、スポーツドリンク、
ミネラルウォーターなどと言われています。
これらの飲み物はミネラルも含んでいますので良いと思いますが
やはり飲みすぎや一気飲みには注意が必要です。

特にスポーツドリンクは思ったより塩分が少く逆に甘さが際立っています。
健常者が飲むにはあまり気にしなくても良いと思われますが
糖尿病などの基礎疾患がある方は注意が必要です。
代わりにコンビニでも経口補水液が販売されていますのでこちらをお勧めします。
この経口補水液は脱水症状に向けた飲料ですので、熱中症に最適です。

食べ物ではおにぎりや梅干がベストではないかと思います。
私の経験ですが、熱中症かなと思ったときにコンビニでおにぎりと梅干を購入して
休息をとりつつ食べたあと、楽になったのを覚えています。
なぜ、おにぎりや梅干かというと塩分がたっぷりだからです
食べられそうなときはお勧めです。

熱中症の予防方法はどんなこと?

日頃からできるちょっとした予防方法をあげてみました。
熱中症共通の予防方法です。

①室内では冷房を活用して涼しくしましょう。
②外出するときは帽子や日傘などを活用して日陰を作りましょう。
 外を歩くときはなるべく日陰を歩きましょう。
③水分補給は一気に飲むのではなく、少しずつこまめにが原則。
 麦茶や経口補水液を活用しましょう。水やスポーツドリンクは注意が必要です。
④できれば外出は日中の暑い時間を避けて、早朝や夕方などにしましょう。

この4点を気にするだけでも効果はあがります。

まとめ

暑い季節を乗り切るために少しでも参考になれば幸いです。
私も熱中症になって上記を気にするようにしています。
無理は絶対せずに、まず休息して水分と塩分を補給してみてください。
場合によっては医療機関を受診しましょう。

仕事で外出せざるを得ない方も多々おられます。
十分体調の変化には気をつけましょう!

スポンサーリンク

 

コメント