黄砂やPM2.5のアレルギー症状とその対策は?

桜の開花で春を感じて、満開をむかえるといよいよ黄砂PM2.5が飛来してきます。
喉がイガイガしたり、鼻水が出たり、頭がボーっとしたり・・・こんなアレルギー症状はありませんか?黄砂PM2.5の症状は花粉症のアレルギー症状と類似しています。
空が気持ちよい青ではなく黄色に見えたら要注意です。
スギ花粉の飛来は2月~4月がメインで、この時期に重なるように飛来するのが黄砂PM2.5です。トリプルパンチです。

スポンサーリンク

黄砂やPM2.5ってなあに?

黄砂」とは、中国やモンゴルなどの内陸部の砂漠の砂が、強風などによって上空に巻き上げられ飛散し、日本を含む東アジアの広範囲で地上に降り注ぐ気象現象のことです。

黄砂」の被害が大きい中国、モンゴル、韓国などでは、視界の悪化による航空機や車、電車など交通機関への影響、放送電波などの受信障害、農作物への影響や、化学物質を伴って飛散することから様々な健康被害を引き起こす原因になっているなど、深刻な社会問題となっています。
日本に飛来する「黄砂」の粒子の大きさは0.5~5μm(マイクロメートル)のものがほとんどで、自動車や建築物、洗濯物などを汚すといった被害があるほか、工業地帯を通過した微小な「黄砂」に付着した大気汚染物質などを吸引してしまうことによる呼吸器系の疾患などの健康被害があり、国境を越えた環境問題となっています。

PM2.5」とは、大気中に浮遊する2.5μm以下の微粒子のことで「微小粒子状物質」ともいいます。

PMは “Particouldete Matter” の略で「粒子状物質」を意味し、燃焼による煙や煤、排気ガス、工場や建設現場で生じる粉塵、石油からの揮発成分、「黄砂」などの土壌粒子を大気汚染物質として扱う時の呼称です。

黄砂・PM2.5・花粉の違いってなあに?症状の違いは?

黄砂・PM2.5・花粉の違いはなんでしょうか?
主な違いは粒子の直径です。

黄砂   →4~7μm(マイクロメートル)
PM2.5→2.5μm
スギ花粉 →30μm
インフルエンザウィルス→0.1μm
髪の毛  →70μm

症状の違いは粒子の大きさの違いだそうです。
そもそも黄砂・PM2.5・花粉はウィルスや細菌ではありません。
なので、これによって感染症等を引き起こすことはありません。

黄砂・PM2.5・花粉に付着している大気汚染物質が悪さをします。

しかし、人体にとって異物であることに違いはありませんのでこれらが体内に侵入してきたら、
体は外に排出しようとします。これがアレルギー反応です。

また、黄砂はギザギザの形をしているので、吸い込むと肺を傷つけて炎症を起こすこともあります。PM2.5は黄砂よりさらに小さいため、肺の奥まで入り込んで沈着し、呼吸器系や循環器系の病気を引き起こす可能性があるといわれています。

黄砂・PM2.5の対策は?

結局、なるべく体内に入らないようにするのが一番です。

基本は「うがい」・「マスク」・「めがね」の3つです。

「うがい」はのどに付着した異物を取り除くのに有効です。
「マスク」も着用すると吸い込む量が1/3~1/6に減少します。このときに注意すべきは
PM2.5対策のものを使用しましょう。粒子の大きさに注意して対応しているマスクを使用しましょう。
「めがね」は1/2~1/3に減少できます。
めがねの場合は使用したら必ず洗いましょう!沢山付着していますよ!
洗うのはめがねだけではなく「目」も洗いましょう。
アイボン等の目を洗う液体も市販されています。(私は必ず洗います。スッキリしますよ!)

あと、「鼻うがい」も有効です。
でもこれは慣れないとかなりキツイです。

一応、やり方はこんな感じです。

  1. ①コップ1杯のぬるま湯(37~38℃程度)に、ティースプーン1杯(1.8g程度)の食塩を溶かして塩水を作る。
  2. ②正面を向き、片方の鼻の穴を指でふさぎながら、もう片方の鼻で塩水を軽く吸い込む。濡れないよう、襟元にタオルなどをあてておくとよい。
  3. ③吸い込んだ塩水を鼻から出す。反対側の鼻の穴からも同様に行う。これを3~5回繰り返し、塩水を出し切ったら鼻をかむ。

室内では空気清浄機も有効です。この場合はHEPAフィルター搭載の機器がよいですね。

黄砂やPM2.5の飛来情報をこまめにチェックするのも有効です。
黄砂予測・PM2.5予測HP

まとめ

いかがでしたか?

結局、黄砂やPM2.5・花粉はなるべく体内に入れないってことが重要です。
とは言っても、接客中には中々マスクを着けっ放しってな訳にはいきませんよね。(咳が激しいならともかく・・・)
出来る範囲で対策をとってみてください。

あと、外出から帰った時には、室内に入る前に服についた黄砂・花粉・PM2.5を払ってできるだけ室内に黄砂を持ち込まないようにするのもお忘れなく!

 

コメント