絶対NGの結婚顔合わせ服装は?実は知らないうちにやっちゃってるかも!?

生活

結婚の際に欠かせないのが顔合わせ

これから長いお付き合いになる相手の家族に不快な思いはさせられない!

そのためいろんなマナーに気を付けなくてはなりせん。

その一つが服装です。

単なる食事会だからカジュアルに行くべきなのか?それともやはりフォーマルが基本なのか?

悩まれる方は多いはず。

そこで今回は顔合わせの時の適切な服装について見ていきましょう。

スポンサーリンク

超基本だけどやっちゃってるかも!?結婚の両親顔合わせでNGな服装マナーとは

女性の場合、ワンピース、スカート、そしてパンツスタイルという選択肢があります。

このうちどれでも問題はありませんが、基本はきれい目なものを選ぶのがマナー。

 

例えばカジュアルでと両家に言われていたとしてもシーパンなどは絶対にNGです。

また露出は控えめなのはもちろんですが、ストッキングを忘れずに。

パンツスタイルでも生足は控えるべきでしょう。

さらにはスニーカーやサンダルもカジュアルすぎてNG。

ヒールが低めでも構わないのでパンプスなどをチョイスしてください。

 

他には色味も写真を撮る場合が多いので明る目を選んだ方が写真映えするのでおすすめです。

また中にはせっかくの顔合わせということで記念に和装を選ばれる方もいます。

和装は特別な日に相応しくマナー違反ということはないので安心を。

 

ただし顔合わせでは「」というのを新郎新婦、両家ともに合わせるのが絶対です。

一方がフォーマルにもかかわらず一方はカジュアルというのは、どうもちんぷんかんぷんになってしまいます。

ですから和装などのフォーマルスタイルの場合、必ず新郎や両家にも事前に確認をし調整しなくてはなりません。

中には新婦自身はフォーマルでと思っていても、相手の家族がカジュアルでいきたいと申し出てくる場合もあるかもしれません。

この場合は相手への礼儀にしっかり配慮し基本的にはこちらが合わせていく必要があります

結婚の時の両親顔合わせの服装や化粧マナー!会場に合わせることも大切

結婚式の際には両家と服装の「」を合わせることが大事だと説明しましたが、顔合わせの会場の雰囲気などにも合っているかというのは大事なポイントです。

例えば格式高い場所で顔合わせをやるのに服装はカジュアルだと浮いてしまいますね。

この場合少しくつろぎ感のあるようなレストランなどが良いでしょう。

服装がカジュアルだからといって騒がしいような場所はもちろんNGです。

また服装以外で女性が気にしなければならないのが当日の化粧。

ナチュラルですこし薄めを心がけることがポイントです

例えば赤い派手な口紅などは控え、ピンクやオレンジなどナチュラルな色味を選びましょう。

チークもつけ過ぎには注意です。

塗り終えたら一度テイッシュでオフすると濃くなり過ぎないのでおすすめです

まとめ

いかがでしたか?

服装は間違えるとその人の印象を一気に悪くしてしまうことがあります。

これから家族になっていく相手に見た目でがっかりされるなんて、絶対に避けたですよね。

 

ただ逆にいうと服装などの見た目次第ではあなたのイメージがグッと良くなるチャンスでもあります。

単なる食事会といっても手を抜かずしっかりとマナーに配慮したものを選ぶようにしましょうね。

 

コメント