子育て中はストレスでヒステリーになりやすい?子供の叱り方の注意点

生活

子育て中は思うようにいかず、ストレスでついついヒステリーになって
大声で叱ってしまうこと・・・ありませんか?

子供がある程度大きくなるとママにとって大きな悩みとなるのがしつけの問題。

ある程度いけないことをした時にはしっかり注意するのが親の大事な役割ですね。
しかし育児書の書いてあるような叱り方は咄嗟にはなかなか難しく、イライラして怒鳴ってしまう…そんなママも多いのではないでしょうか。

そこで今回は子供を怒鳴ることでどんな問題があるのか、また正しい叱り方とはどういったものなのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

子育て中はイライラしてしまうママも!怒鳴るのはNG!

まず子供を感情的に怒鳴るのは良くないというのはママ自身もよくわかっていることでしょう。

ただいざその時になると「どうしてそんなことをするの!」とついつい声を荒げてしまうこともしばしば…

怒鳴るという行為はどうして子供にとって良くないのでしょうか。

まずそもそもママ自身は怒鳴ることで子供が言動などを改めてくれると思っているかもしれません。

しかし実際は怒鳴られることで子供自身はパニック状態に陥り、ただ「ママに怒られた、悲しい」ということしか考えられません。

つまり怒鳴っても子供は何も学ぶことができないのです。

何がいけなくてどうすべきなのかしっかり理解しなければ同じことを何度も繰り返してしまいます。

また子供の成長にも影響を与えるとされており、親が怒鳴ったり感情的な起こり方を普段からしていると子供自身も親から学び攻撃的な性格になってしまうといいます。

あるいは逆に自己否定的な性格になってしまい、自分の感情が出せない子になる場合もあるようです。

子育てママが知っておきたい正しい叱り方って?

怒鳴る行為は子供の成長の意味でもデメリットは大きく、またしつけの面でも意味がないということがわかったところで今度は正しい叱り方についてです。

冒頭でも説明したように親が子供を叱るのは時にとても大事なことです。

ではどのようなことを心がければ良いのでしょうか。

まず「やめなさい!」といった叱り方よりも「これをすると困る人がいるよ」というように、叱っている理由をしっかり本人に伝えるべきでしょう。

まだ小さく言ってもわからないと思うママも多いのですが、子供は意外と理解しているものです。

そして子供の気持ちも時には肯定してあげることも大切です。

「〜したかったんだよね」というふうに子供の想いも認めてあげます。

そうすることで「あなたの気持ちはわかっているよ」ということが伝わり子供自身もすんなりママの言うことが聞けるというわけです。

ただ、ママも人間ですから感情的に怒鳴ってしまうこともあるでしょう。

そんな場合には「ごめんね、怒りすぎたね」とママも子供に謝ることで「間違えた時には謝る」ということの大切さがわかることでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

イライラし、感情的になってしまうのを抑えるのはとても難しいことですが

子供自身、叱られている理由について理解できる状況を作るというのが大事ということがわかったかと思います。

やり方さえ間違わなければ叱ることは子供の成長につながります。

そして時には子供の命を守ることにもつながります。

改めて自分の叱り方を考え直すきっかけになれば良いですね。

 

 

コメント