新元号は【令和】に決定!元号の意味や由来は?

topics

新元号が【令和】に決まり4月1日に菅内閣官房長官より発表がありました。
新しい時代の到来を迎えるにあたり、新元号【令和】の出展元や意味などを
検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

令和はどうやって決まったの?

元号を決定するには【元号法】というのがあるそうです。
この法律に基づき政府が決定します。

新元号決定の流れは以下のとおりです。
①首相が若干名の識者の2~5個ほどの候補提出を要請
②官房長官が数個の原案を選定
③各界の有識者による【元号に関する懇談会】を開催
④衆議院・参議院の正副議長から意見聴衆
⑤全閣僚会議で協議し、閣議で改元の政令を決定
⑥官房長官が新元号発表
⑦首相が記者会見で談話発表

今回は上記③~⑦までが4月1日に行われました。

スポンサーリンク

元号の条件は?

新元号はなんでもいい訳ではなく、ざっくりとしてはいますが条件があるようです。

①国民の理想としてふさわしい
②漢字2文字
③書きやすい
④読みやすい
⑤過去に元号や天皇の死後の【おくり名】として使用されていない
⑥俗用されていない
⑦アルファベット頭文字でM(明治)・T(大正)・S(昭和)・H(平成)を避ける
このような項目を重視されているようです。

俗用とは・・・
明確な基準はないが、人名、地名、企業名などに使われている名称を指す。

ちなみに【平成】は発表後に岐阜県に平成(へなり)地区があることが判明しましたが
読み方が違っていたため変更はありませんでした。

スポンサーリンク

令和の意味や選定理由は?

安部首相の談話によると・・・

人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。
梅の花のように、日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように

本当にこのようになるといいですね。

令和の選定理由になったのは【万葉集】の序文からの抜粋だそうです。

「初春の月(れいげつ)にして、氣淑(きよ)く風ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す。」

今までは中国古典からの出典が主でしたが、今回は日本古典からの出典になりました。

スポンサーリンク

令和より他の候補はあったの?ローマ字表記は?いつから変わるの?

今回の決定新元号は令和ですが、他の候補はあったのでしょうか?

実は令和のほかに5個候補があったそうです。

①英弘(えいこう)→出典 国書
②久化(きゅうか)
③広至(こうし)→中国最古の詩集【詩経】より
④万和(ばんな)→中国最古の詩文集【文選】より
⑤万保(ばんぽう)→漢籍

令和のローマ字表記は

【REIWA】です。

2019年5月1日(水)から令和になります。

スポンサーリンク

まとめ

2019年4月30日(火)に平成の時代が終わりを向かえ、翌5月1日(水)に新しい時代の幕開けとなります。
首相が談話で発表したように
日本人が明日への希望を咲かせる国
この言葉を胸に飛躍できる時代にしていきたいですね。

スポンサーリンク

 

コメント