潮干狩りを関東近郊で無料で楽しもう!穴場スポット ベスト3!

イベント・遊び

連休の過ごし方には温泉旅行・海外旅行・遊園地・動物園・帰省などなど、思い思いの過ごし方がありますよね。その中でも、家族で1日遊べてかつ無料な潮干狩りはいかがでしょうか?

意外と近場に会場があるんですよ!
関東近郊(特に東京近郊)に絞って紹介していきます。

気軽に楽しめる潮干狩りに Let’s Go!

スポンサーリンク

潮干狩りのシーズンはいつ?

潮干狩りは1年中楽しめるって知ってました?
でも、やはり貝も産卵期や成長の過程で乱獲の恐れや採れなくなっちゃうのを
避けて1年中営業している施設はないですね。

そしてなんといっても関係性が深いのは気温や水温・海水量です。
ここに満潮や干潮が影響してくるんですね。

ちなみに、
満潮は 海水面が一番高い
干潮は 海水面が一番低い  ってことです。

この干潮の時に浜辺に降りて貝を掘って探すのです。
なので、この干潮の時間が長いほど潮干狩りにベストということになります。

結果それはいつなのか?っていうと
『春』ですね。う~ん月で言うと 3月~6月でしょうか!
GW(ゴールデンウィーク)あたりはオススメの時期です。

東京近郊のスポット!ベスト3!

潮干狩りは 時期や場所によっても獲れる貝が違いますが、
おおむね 『アサリ』『ハマグリ』『ホンビノス貝』『マテ貝』ではないでしょうか?
味噌汁やバター焼きなどの料理で楽しめます。

では、さっそく東京近郊スポットベスト3の紹介です。

東京都 お台場海浜公園

レインボーブリッチや都市ビル群、レジャー施設群の中にあって
1日中楽しめるスポットです。
以外にも潮干狩りも楽しめるんです。

【問い合わせ】
東京都港区台場 磯浜エリア。03-5531-0852(東京港埠頭株式会社公園センター)。
【料金】
無料
【交通】
ゆりかもめ お台場海浜公園駅徒歩3分 台場駅徒歩3分
りんかい線  東京テレポート徒歩7分

東京都 葛西海浜公園(西なぎさ)

葛西臨海公園近くの海浜公園(西なぎさ)で潮干狩りが楽しめます。
実は水質浄化のためにハマグリの推貝を放流しているとのこと。このため大きさが4cm以下のものは持ち帰りが禁止されています。

【問い合わせ】
江戸川区臨海町六丁目地先。03-5696-4741(葛西海浜公園サービスセンター)
【料金】
無料
【交通】
JR京葉線葛西臨海公園駅 徒歩7分

神奈川県 海の公園

神奈川県横浜市にある海の公園で天然資源のアサリを潮干狩りで楽しむことが出来ます。1人の採取上限は2kgまでと定められています。また、2センチ以下の推貝は採取禁止です。

【問い合わせ】
横浜市金沢区海の公園10。(045-701-3450)
【料金】
無料
【交通】
金沢シーサイドライン海の公園南口駅、海の公園柴口駅、八景島駅から徒歩2分

まとめ

この他にも潮干狩りのスポットは沢山あります。
有料の場所や無料の場所だったり様々です。
しかしいずれの場所でも限りある資源であることは違いがありません。
乱獲しないようにそのスポットのルールをしっかり守りましょう!

小さいお子様も十分に楽しめますが、道具でけがをしないように注意です。
場所によっては『アカエイ』が出没する地域もあるようです。
『アカエイ』には近寄らないで!絶対触ってはいけません!

スポンサーリンク

 

コメント