トイレ掃除の正しいやり方とは?コツや頻度はどのくらい?

生活

トイレは毎日家族みんなが使う場所。

ですから快適に利用できるように常にきれいにしておきたいですよね。

来客などがあった際にもトイレが汚いとあまりいい印象は持たれませんよ。

そこで今回はトイレ掃除の基本のやり方と掃除のコツや理想の頻度などもみていきましょう。

スポンサーリンク

トイレ掃除の基本的な方法とコツは?

トイレ掃除をする際にはまず知っておいて欲しいのが取り掛かる場所の順番です。

まず最初は必ず便座から

便座部分をトイレ用のお掃除シートでしっかり拭いていきます。

この際に便座を上げた裏の部分の汚れは見落としがちですが汚れが多い場所なので必ず忘れずに拭きます。

次に便器を磨いていきます。

洗剤でブラシなどを使いしっかり磨いていきます。

この時に便器のふち部分も忘れずに。

便器の掃除の最後に粉末重曹を水の溜まっているところの境目にめがけて

振りかけておくと黒ずみが落としやすくなります。

粉末重曹を水に溶かした水溶液を作って(セスキ液でもOK)お掃除シートで掃除が終わったら

仕上げに水溶液でしっかり拭きあげましょう。

さらにクエン酸水溶液で仕上げの仕上げです。

全体をくまなく拭きあげます。クエン酸には除菌効果や消臭効果もあるんですよ。

そして便器の下の部分もシートで拭いたら今度は壁の掃除です。

壁はおしっこが飛び散って汚れているので最低腰の高さまでの部分は念入りに拭きましょう。

これをしておかないと嫌な臭いの原因になります。

そして最後に床拭き。

壁や床は特に念入りに行いましょう。

先程作った重曹の水溶液(セスキ液)やクエン酸水溶液もフル活用してピカピカにしましょう!

もちろん市販されているマジックリンなどの洗剤も活用してください。

最後に便座と床のつなぎ目部分もしっかり掃除しましょう。
ここは意外と盲点ですが、放置しておくと床が黄色になってきて
おしっこの臭いがとれなくなります。

因みにトイレって常にジメジメした感じがありませんか?
これの解消に我が家ではをトイレに置いています。(バーベキューで使うあれです)

炭は湿気も取ってくれて、かつ臭いも取ってくれるんです。

トイレ掃除って毎日すべき?理想的な頻度とは?

トイレ掃除の主な流れがわかったところで、今度は理想の頻度についてです。

毎日している!という人もいれば月に数回という声も

実際はどうなのでしょうか?

結論から言うと多ければ多いほど清潔に保てるので良いです。

特に家族が多ければ多いほど毎日掃除しておかないと汚れがどんどんたまります。

逆に一人暮らしの人などは毎日しなくてもそこまで汚れは気にならないことが多いので最低でも1週間に1度はしっかりした掃除を行なっておきたいですね。

あとは汚れに気づいた時にさっと汚れを拭き取るというのも心がけておくと毎日掃除をしなくてもある程度は綺麗に保てるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

トイレ掃除は面倒ですが、やっておかないとトイレを利用する時になんとも気分が良くないですよね。

水回りの掃除って毎日することも大事ですが、ちょっとした心がけでも随分綺麗に保てます。

気づいた人が気づいた時に綺麗にする!と言うにも家族のルールの一つにしておいても良いですね。

 

 

コメント